移動手段として欠かせない自転車について

自転車は1810年にドイツ人によって考案された、乗る人が自分でペダルを踏んで車輪を回転させて走る二輪車のことです。三輪のものもありますが、基本的には前後に車輪を並べたものを指します。
自転車の最も良いポイントは、車とは違い有害な物質を排出しないことです。エンジンを用いず人が自力でこぐことで進むため環境にやさしい乗り物なのです。また、健康的な乗り物としての魅力もあります。日頃運動することのないサラリーマン達がよく街中で乗っています。会社への行き帰りだけでも運動になりますし、なおかつ電車やバスに乗ることもないため交通費を減らすことにもつながり一石二鳥です。他にも購入費用も安ければ運転免許もいらないといったメリットばかりの乗り物でもあります。
主な構造はハンドル、タイヤ、フレーム、ブレーキ、その他備品と数多くの部品が集結しています。フレームは各パーツを取り付けるものなので中心的役割を果たしています。ハンドルとブレーキは一緒についていて走行には欠かせないものです。備品はサドルやチェーン、ペダルといったものであり、これも走行するのになくてはならない存在です。日頃あまり細かく考えないものですが、よく見るとかなり手のかかった乗り物であることが分かります。
日本での普及率は世界的に見ても高い水準を誇っていて、街に出ると多くの人が使用しています。近い距離を移動する際や、中にはかなり遠くまで乗ることにも使用されます。また単なる移動だけでなく、観光目的の使用も多く見られます。いわゆるサイクリングと呼ばれていて趣味にしている人も多く、数十キロから数百キロ移動する人もいて、そのためのサイクリングロードが整備されるほど人気です。
職業のために使用していることもあります。よく知られているのが多数の競技者で争う競輪です。競輪以外では警察官がパトロールを行うのに使用したり、郵便配達にも使われます。車では渋滞が起こることがあるため、このような職業での使用は大変効率が良いといえます。
使用年齢も子どもからお年寄りまで幅広いです。車体のサイズも様々なため年齢にあった物に乗ることができますし、車体には補助輪をつけることができ、小さな子どもが乗るのにも向いています。この補助輪をはじめ、荷台やかごといった物まで取り付けることができるので、万能性が満ち溢れる乗り物といえます。
今や一人一台は持っているといっても過言ではないです。