盗難を避ける駐車方法

ロードバイクは駐車方法が大きなテーマになります。
駐車方法ひとつで、盗難の憂き目にあうこともあります。
一方で、盗難されないようなものもあるのです。
ちょっとした駐車方法一つで大いに違いというものがあるということなのです。
なかなか難しい部分であると思っている方も、やはり注目していかなければいけません。
ロードバイクは長距離運転をするものになっているのです。
自宅から数十キロも離れた場所で盗難にあってしまった時には、絶望に近い感覚を味わってしまうこともあるでしょう。
そこでロードバイクなのですが、盗難を避ける方法も実際にあります。
いい駐車方法としましては、ガードレールを利用するというものがあります。
ガードレールにくくりつけるような形で、ロードバイクを駐車するのです。
ガードレールを解体してまでは持ちはこびませんので、安心なのです。
ただ、金網などにくくりつけますと、簡単に金網を切除しましてロードバイクを盗難されてしまいます。
そういったことにならないように駐車方法にも注意しましょう。

ロードバイク初心者の方のメンテナンス方法

ロードバイク初心者の方なのですが、よくわからないものがあります。
メンテナンスというものです。
いったいどこをどのようにしていけばいいのか、ということはなかなか難しいのです。
メンテナンスについてはしっかりとしておくことで、ロードバイクも長持ちはするのですが初心者の方には難しいです。
そこで初心者の方につきましては、自動車と一緒なのですがしっかりとした洗車というものをしていくべきです。
ロードバイクの不具合を洗車をすることに見つけやすくするのです。
例えば、車体にヒビが入っていましても、泥がついていましたり汚れていますと全くヒビが見えなくなってしまっていることもあるのです。
そういった不具合の発見に役立つのが洗車ですので、しっかりと行うべきです。
その洗車ですが、洗ってそのままにするのは厳禁です。
しっかりと水は拭き取りまして、チェーンに油を補充しておきましょう。
それは自転車のメンテナンスの基本中の基本となります。